コロナワクチン接種後の副反応に個人差がありすぎますね。
副反応が強い人にはプラシーボ効果が少なからず関係しているということも聞いたことがありますが、そもそもワクチンが安全かどうかと同じで目に見えないものは確信が持てないので結論はでないかと。

学者さんにも、安全と言う人と危険だと言う人がいます。
意見が分かれるのって、結局確かな根拠がないからですよね?

どちらかを論破できるほどの確たる証拠が無い。これに尽きると思います。
だから、ワクチンを接種するかどうかは自分で決めるしか無いんですよね!

関連商品はこちら

コロナワクチンが危険な理由 免疫学者の警告 [ 荒川 央 ]
コロナワクチンが危険な理由 免疫学者の警告 [ 荒川 央 ] 1,650円(税込)【送料込】

楽天ブックス

免疫学者の警告 荒川 央 花伝社コロナワクチンガキケンナリユウ アラカワヒロシ 発行年月:2022年03月29日 予約締切日:2022年03月01日 ページ数:240p サイズ:単行本 ISBN:9784763420039 荒川央(アラカワヒロシ) 1968年生まれ。1991年京都大学理学部卒業、1996年京都大学理学博士(分子生物学、免疫学)。分子生物学者、免疫学者。バーゼル免疫学研究所(バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所(ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所(ミュンヘン)、マックスプランク研究所(ミュンヘン)を経て、現在、分子腫瘍学研究所(ミラノ)所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 本書の要点ーコロナワクチンが危険な理由/1章 もう一度、ワクチンの「常識」について考えてみる(コロナワクチン接種についてのいくつかの誤解/嘘と統計:数字のトリック ほか)/2章 もう一度、感染症対策について考えてみる(「パンデミック」の謎/PCR検査について ほか)/3章 コロナワクチン=「遺伝子ワクチン」の正体とは何なのか?(コロナワクチンはコロナウイルスよりも悪い?/前例のないワクチン ほか)/4章 スパイクタンパクの危険性(どうしてコロナワクチンで血栓が出来るのか/スパイクタンパクの毒性ースパイクタンパクはACE2の抑制を介して血管内皮機能を損なう ほか)/5章 コロナワクチンは免疫不全の原因となる(ワクチンと抗体依存性感染増強(ADE)/猫とネズミ ほか) データと解析から導き出される遺伝子ワクチンが危険な理由。私たちはこれからも、このワクチンを打ち続けるのか? 本 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学

新型コロナワクチン 誰も言えなかった「真実」 (宝島社新書) [ 鳥集 徹 ]
新型コロナワクチン 誰も言えなかった「真実」 (宝島社新書) [ 鳥集 徹 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

宝島社新書 鳥集 徹 宝島社シンガタコロナワクチンダレモイエナカッタシンジツ トリダマリ トオル 発行年月:2021年11月10日 予約締切日:2021年10月01日 ページ数:256p サイズ:新書 ISBN:9784299022578 鳥集徹(トリダマリトオル) 1966年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒。同大学院文学研究科修士課程修了。会社員・出版社勤務等を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。タミフル寄附金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表してきた。『週刊文春』『文藝春秋』等に記事を寄稿している。15年に著書『新薬の罠 子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 3000人にワクチン接種した町医者の葛藤と本音/第2章 ワクチンによる「抗体」が重症化を引き起こす可能性も/第3章 ワクチン接種後死亡の報告を事実上、止められた/第4章 5月の接種後死亡者数は報告の推計1〜23倍/第5章 子どもにワクチンを打つメリットなんて、まったくない/終章 データから見える新型コロナワクチンの「真実」 政府が推進する新型コロナワクチン接種。メディアではネガティブ情報はほとんど封印状態だ。本書に登場する医師の長尾和宏氏もYouTubeに投稿した動画が削除されたと証言する。だが、ブースター接種や接種後死亡など「想定外」の事態が起きている。そして、そもそも欧米に比べ「さざ波」程度といわれる被害の日本で、ワクチン接種を実施する必要が本当にあったのか。現役医師や研究者への取材、そして公表データの検証から、このワクチンの「真実」を著者が明らかにする。 本 人文・思想・社会 社会 その他 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学 新書 美容・暮らし・健康・料理 新書 人文・思想・社会

本当に大丈夫か、新型ワクチン 明かされるコロナワクチンの真実 [ 岡田 正彦 ]
本当に大丈夫か、新型ワクチン 明かされるコロナワクチンの真実 [ 岡田 正彦 ] 1,320円(税込)【送料込】

楽天ブックス

明かされるコロナワクチンの真実 岡田 正彦 花伝社ホントウニダイジョウブカシンガタワクチン オカダマサヒコ 発行年月:2022年01月24日 予約締切日:2021年12月07日 ページ数:208p サイズ:単行本 ISBN:9784763409935 岡田正彦(オカダマサヒコ) 1972年に新潟大学医学部卒業。1990年に同大学教授となり、動脈硬化沼、予防内科学などの研究と診療に従事。LDLコレステロールの測定法を世界に先駆けて開発した。循環器専門医(〜2011年)、産業医、米国心臓学会プロフェショナル会員などの資格。2002年に臨床病理学研究振興基金「小酒井望賞」を受賞。文部科学省・大学設置審議会の専門委員、米国電子工学会・論文誌の共同編集長、日本生体医工学会・論文誌の編集長などを歴任。2012年より新潟大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 新型ワクチンに対する世間の誤解(メッセンジャーRNAとトゲトゲ蛋白は体内でどうなるのか?/ビッグ・ファーマの犯罪/報道のウソを見抜く心得「九カ条」)/2 どこまでわかった?コロナとワクチン(ワクチンについて/コロナ感染について/治療薬関係/感染してしまったら)/3 座談会「コロナとワクチン、これからの向き合い方」(第5波収束の理由と第6波以降への備え/調査されないネガティブ情報/子どもに接種してもいいのか?/同調圧力の中で進んだワクチン接種/正しい情報を見抜くことの難しさ/新型コロナ報道におけるメディアの限界/新型ワクチンの有効性は本当にあるのか?/ワクチン接種が作り出した「分断」/終わらないコロナとどう付き合っていくのか) 次々と報告される新たなデータと症例が物語る、ワクチン接種が進んだ世界の現実。打った人も、打ってない人も、知っておくべきワクチンの本質。 本 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学

コロナワクチン 今こそ子どもを守れ! [ 内海 聡 ]
コロナワクチン 今こそ子どもを守れ! [ 内海 聡 ] 1,540円(税込)【送料込】

楽天ブックス

内海 聡 マキノ出版コロナワクチン イマコソコドモヲマモレ ウツミ サトル 発行年月:2022年01月31日 予約締切日:2021年12月06日 ページ数:312p サイズ:単行本 ISBN:9784837614203 内海聡(ウツミサトル) Tokyo DD Clinic院長。NPO法人薬害研究センター理事長。1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学専門学群卒業後、東京女子医科大学附属東洋医学研究所研究員、東京警察病院消化器内科、牛久愛知総合病院内科・漢方科勤務、牛久東洋クリニック院長を経て、2013年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 新型コロナワクチンから子どもを守れ(大ウソだらけの新型コロナウイルス騒動/ワクチンとは人類支配・統制である/新型コロナワクチンによってかえって感染が拡大する ほか)/第2部 脱コロナ時代の子育て(こんな時代に子作りをしていいのか?/子どもの未来を奪う毒親とアダルトチルドレン/夫婦・親子の関係を良好に保つための「心の絶対法則」 ほか)/第3部 次世代、その先の世代の子どもを守れ(親と精神科医が作り出した「発達障害」というウソ/子どもを拉致して儲ける児童相談所/今も子どもの体を蝕む放射能 ほか) それでもまだ、愛するわが子にワクチンを打たせますか?「なあなあ」ではない、本質的な「内海式子育て論」。 本 人文・思想・社会 教育・福祉 教育 人文・思想・社会 教育・福祉 社会教育

知らないほうが……幸せかもしれない コロナワクチンの恐ろしさ [ 高橋徳 ]
知らないほうが……幸せかもしれない コロナワクチンの恐ろしさ [ 高橋徳 ] 990円(税込)【送料込】

楽天ブックス

高橋徳 中村篤史 成甲書房シラナイホウガシアワセカモシレナイ コロナワクチンノオソロシサ タカハシトク ナカムラアツシ 発行年月:2021年07月26日 予約締切日:2021年07月05日 ページ数:176p サイズ:単行本 ISBN:9784880863757 高橋徳(タカハシトク) 医学博士・ウィスコンシン医科大学名誉教授。統合医療クリニック徳院長。神戸大学医学部卒。消化器外科医として従事後の1988年渡米。ミシガン大学助手、デューク大学教授、ウィスコンシン医科大学教授を経てウィスコンシン医科大学名誉教授。在米時に発表した論文は100本を超える。帰国後の2016年、名古屋市に「統合医療クリニック徳」を開設、東洋医学を含めた統合医療を実践している 中村篤史(ナカムラアツシ) 医師・ナカムラクリニック院長。信州大学医学部卒後、勤務医を経て神戸市にて内科・心療内科・精神科・オーソモレキュラー療法を行う「ナカムラクリニック」を開業 船瀬俊介(フナセシュンスケ) ジャーナリスト、評論家。1950年福岡県生まれ。九州大学工学部中退、早稲田大学第一文学部社会学科卒業。大学在学中より生協活動に携わる。日本消費者連盟の編集者を経て1986年独立。1999年に共同執筆した『買ってはいけない』が大きな反響を呼び、以後も主に消費者・環境・社会問題に関わる分野の著書の執筆、講演活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序章 ノーベル賞学者の警告「接種後2年で確実に死亡する!」/第1章 すべてはPCR検査のウソから始まった/第2章 私たち医師はなぜ、これほど憂慮するのか/第3章 危ないものは危ないーだから打ってはいけないのです/第4章 コロナとワクチン…嘘と狂気とペテンと/おわりに ワクチンを打ってしまった人もあきらめない 本書共著者・中村篤史医師がコロナワクチンを打たない理由。(1)メリットがないから、(2)リスクが大きいから、(3)そもそもワクチンではないから。あなた…そしてあなたの大切なひとの人生の重要な選択をするための貴重なデータ、本書には満載です。 本 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学

楽天ウェブサービスセンター